世の中における弁護士の必要性

かつて弁護士という仕事は社会的地位が高いこととともに収入の面においても高い仕事の上位に入っていました。しかし、時代の変化により収入の面においては「高くない」人も増えてきつつあります。ですが、収入と社会的地位の高さとは関係ありません。どんなに収入が低くなろうとも社会的地位は変わらないままです。社会的地位といいますとあまりいいイメージがしませんが、世の中で弁護士さんがいなくなったことを想像しますと、社会的地位が高いのも納得できます。一番必要性を感じるのは弱者を救済するような場面です。例えば、裁判で被告になったときに弁護してくれます。これまで冤罪で苦しんだ人がいますが、そうした人を支援してきたのは弁護士さんたちです。もしかしたなら多くの人から批難または批判されることもあるかもしれませんが、それでも被告の立場になって弁護活動を行っています。もっと身近な場面では「借金の取り立て」があります。無法な借金の取り立てを止めてもらうには弁護士さんに依頼するのが最も確実な対応です。つまり、いわゆる弱者を助けてくれる仕事ということになりますが、弱者の側からしますとそれが一番のメリットです。メリットという言葉遣いはあまりいい感じはしませんが、弱者の側からしますと間違いなくメリットになります。この考えをもう少し広げてみますと、弁護士さんという仕事は世の中にとってのメリットといえるかもしれません。

ジャッジガベル
 

弁護士の有益情報

↑PAGE TOP